2008年3月29日、我が家にノーフォークテリアの子犬がやってきました。ドッグショーでそれまで知らなかったノーフォークテリアを見つけて一目惚れ。これから彼との長い付き合いが始まります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルフのく・ち・び・る
2011年02月26日 (土) | 編集 |
久々にアルフ登場っす。
IMG_0362.jpg


よく見ると上品な唇かも。
IMG_0373.jpg



歯も少し見えて、なんか人間の口のように見えてきたぞ・・・IMG_0368.jpg



早くちょーーだい。
IMG_0369.jpg



食べて満足くん。
IMG_0361.jpg



今日はくちびる見られて恥ずかしーーっ
IMG_0331.jpg

今回も読んでくれてありがとう。アルフ登場は久々だったけど相変わらず元気です。またクリクリクリックお願いしまーす。
↓↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

スポンサーサイト
テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット
ドロテウムへの誘い
2011年02月14日 (月) | 編集 |
ドロテウムはロンドンのサザビーやクリスティーに次ぐ世界第4のオークションハウス。家具から絵画、有名陶器から時計、一品物の宝石や今の時期は毛皮のコート等々いろんな値打ち物がおいてあり、一日いても飽きることがありません。月に一度オークションがありそれらは競り落とされて行きます。ウィーンに住んでいるときにも目の保養にたまに足を運んでいた場所です。



今でこそ民営化されていますが、元は110年も前ヨーゼフ一世の命で始まった国営質屋。だからその建物内部は宮殿そのもの。柱のショーケースは、一品物の宝石類。宝石商としてもオーストリア最大です。
P1020668_convert_20110208024503[1] P1020671.jpg



グランドフロアの一角には、ガレ風じゃなく正真正銘のガレの作品群。
P1020621.jpg



楽しいのはオークションだけでなく、競売の売れ残りや委託販売のものも数多くあることでそれはその場で買うことができます。またまけて欲しいと言えば露天のように自分で交渉するのでなく、そこの人が売り主と交渉してくれる物も数多く、その場で電話で売り主に交渉してくれたり、たいていは2-3日後に返事をもらえます。
P1020628.jpg



写真は、人気のハンガリーのヘレンド。ここに置いているのはレア物が多く、こういうものはしょっちゅう動くので頻繁に来ていると破格値で手に入るチャンスが有ります。
P1020630.jpg



ドイツのフンメル人形も2年前に製造中止になったと聞いたけどほんとかな、世界中で愛されているのに。
P1020631.jpg



絢爛豪華な銀食器も骨董と思えないぐらいに磨き上げられています。
P1020622.jpg



宝石類もカテゴリー別に展示。
P1020635.jpg P1020627_convert_20110208042453.jpg



オークション会場。
P1020634.jpg



ここはかつてはダンスホールであったのか、と思わせる家具展示場の一角。
P1020625.jpg



ここにあるのは椅子も机も骨董の一品物。100万円超のものも普通に並んでいます。
P1020642.jpg



この椅子も6脚もので200万円超。
P1020644.jpg



これは8脚で28,000ユーロの値札だから300万円超。
P1020663.jpg

椅子の表面擦り切れ気味のところもあるけど、これを張り替えると300万円超の値打ちがなくなるし・・・買う人はこのまま大事に使うんだろうね。
P1020664.jpg



1800年代の物入れ。きれいにリペイントがされています。
P1020645.jpg P1020646.jpg



置時計、日本でこれがマッチする家はそうそうないでしょう。
P1020651.jpg P1020649.jpg



寄せ木作りのテーブル。これならちょっとしたところに置けそうです。
P1020643.jpg



小物家具コーナー。一般人が買えそうな値段のものも結構あります。
P1020638.jpg P1020656.jpg



奥の飾り棚もいいね。ここに住むのなら検討の一品。
P1020632.jpg



ここにあるのはほとんど油絵、数十年物でも上質のものばかりです。
P1020636_20110206101728.jpg P1020660.jpg



いい絵です。
P1020637.jpg



最近までなかった静粛な感じの画廊フロア、次の競売を待つ絵画や美術品が展示されています。
P1020639.jpg



競売にかけられるので壁に値札はないけど、別途競売物品の説明や最低購入価格などが書かれた本が毎回発行されており、購入を考える人たちは毎日それを繰って検討しています。それにしてもほんとに魅力的な絵ばかり、どういう人がせり落とすんでしょうか。
P1020641.jpg



おーーっと、ここで出くわしたのは大きな黒犬  
体はラブラドールを一回り大きくし、顔には長い毛がバラバラ無精ひげのように生えている見たことのない犬種。
ご主人は、次のオークションに出される作品の説明本と現物を見て査定中。
P1020667.jpg



これぞオーストリアの人とワンコの共同生活の象徴です。何百万円もする売り物骨董品が床にゴロゴロおいてあっても、美術館まがいの場所でも普通に愛犬を連れて行けるのがオーストリアスタイル。宮殿等のように入れない場所ももちろんあるにしても、5つ星のホテルでもレストランでも地下鉄でもカフェでもショッピングでも役所でも、ワンコたちは飼い主に寄り添っています。いちいち抱っこをすることもなく人間社会に子供のように受け入れられているのでワンコたちもそれなりの成犬になっていく気がします。日本のワンコ飼い主にとっては愛犬を子供のようにどこにでも普通に連れて行ける生活はうらやましい限りですね。
P1020666.jpg

今回も読んでくれてありがとう。また良ければどれでもクリックお願いします。
↓↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
オペラ座周辺散歩
2011年02月11日 (金) | 編集 |
さてようやく土曜日、久々にゆっくり朝食を食べていたらあっという間に10時半。このままゴロゴロしててもそのうち掃除のおばさんが来るだろうからぶらぶら散歩へ。


さて久々に目の保養でも、と目指したのはオペラ座横50mぐらいのところにあるスタインウェイハウス。スタインウェイと言えば、ベーゼンドルファーと並び最高峰のピアノ、有名コンサートホールでたまに見ることができます。
P1020758.jpg


新品のスタインウェイのグランドピアノの平均価格は1千万円は超え、2千万円を超えるものさえあります。このハウスでは、写真のようにそういうグランドピアノがゴロゴロ。平日しか開いていないのでウィンドウ越しに見るしかないけど、ピアノを弾く人には生唾ゴックンものでしょう。
P1020756.jpg


さてスタインウェイハウスから30mほどオペラ座から来た方向にそのまま歩けば、ゲーテの像が。ゲーテと言えばいわずと知れたドイツの詩人であり法律家、また政治家であり哲学者、という顔を持った人物だけど、何でオーストリーに銅像があるのか?それは多くのオーストリー人がゲーテの詩を愛し、また作曲家達もいろんな曲を付けたからで、中にはオペラでも上演されているものもあります。シューベルトの歌曲『魔王』や『野ばら』などはその代表で日本でも有名ですね。ちなみにシューベルトは70ものゲーテの詩に曲をつけた、ということです。
P1020759.jpg



ゲーテ像の後ろに見える柵の中はブルグ公園ですでに王宮の公園の一部にさしかかってきたのですが、そこには天才モーツァルトの銅像が。ウィーンはこれだから見所満載。歩いて回れる中心部だけでも何年いても全部は見切れません。春から夏にかけモーツァルト像の前にはト音記号型に赤い花が埋め込まれるのだけど今はその溝に茶色の枯葉が溜まっています。
P1020761.jpg P1020762.jpg



モーツァルト像から数分歩くともう王宮入り口、道を挟んだ向かい側は美術館に博物館ときりがないので、今回はモーツアルト像で折り返し、オペラ座の方向へ戻り、そこから3分ほどのドロテウムへ。ここはいろいろ紹介したいものが山ほどあるのでまた次回のお楽しみに。
P1020620.jpg

今回も読んでくれてありがとう。なかなかワンコがでないけど、この次をお楽しみに。またどれでもクリクリクリックお願いします。
↓↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
永遠のウィーン
2011年02月08日 (火) | 編集 |
キエフ発は13:30、気温はやっぱり0度ぐらい、先がプラプラ揺れる凍結止めの噴霧がおもしろい。



ウィーンまで2時間のフライト。空の上はいつも快晴のはずだけど今回の青空はは寒々しい。P1020581.jpg



時差があるので1時間逆戻り、ウィーンの空港着後はその足でオフィスへ向かい15時半頃到着。3ヶ月ぶりにウィーンのスタッフ達と再会、そのまま持参書類を広げ業務開始。この日は早く切り上げる予定だったけどやっぱりズルズル。



宿泊は行き慣れたウィーンの中心街、つい最近まで自分が日本からのビジターを送り迎えしていたホテル、当たり前だけどそこからもう家に帰る必要がなくそのまま泊まれるのは楽ちん気分。



ウィーンの銀座ケルントナー通りに位置するホテルは、オペラ座まで徒歩1分、ウィーンのキーンとした冷たい空気のなかでオペラ座は、相変わらず高貴な姿を夜空に浮かび上がらせています。
P1020596.jpg



今から142年前の1869年こけら落としという事だけど、ここも1945年の第2次世界大戦で爆撃に合い1955年まで再建工事。こんな優美な建物が壊された時の音楽好きで歴史を大事にするウィーン市民の落胆は察するものがあります。破壊から10年後の公演再開時にはおそらく国を挙げて喜んだことでしょう。
P1020591.jpg



センターのど真ん中、シュテファン大寺院も夜空にくっきり。107mのゴシックの尖塔は重厚そのもの。いつになっても変わらない雄姿、そりゃそうだわな。650年以上もそうしてどっしり構えてきたんだものね。P1020615.jpg



ウィーンは1993年から4年半、そして2009年から1年半暮らした街。いつきても高貴な文化と音楽、芸術の漂うきれいな街ということに変わりません。しあさっての日曜日は出勤なので土曜日は久々に街の中をぶらぶら歩いてみようっと。

今回も読んでくれてありがとう。土曜日のぶらぶら散歩で、思わぬところにウィーンのワンコ登場の予定です。またどれでもクリクリクリックお願いします。
↓↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ




テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
空港のレストランは高い
2011年02月05日 (土) | 編集 |
オーストリアへの移動日、朝はキエフオフィスでやり残しを11時前まで詰めその足で空港へ。

ウクライナ通貨は国外では両替不可能、空港に到着したら残った現地通貨を使ってしまわなくっちゃ。

残金は230UAH(グリブニャ=約2,500円)。免税店は特にそそるものなし・・・ウィーンに着いたらそのままオフィス直行だから空港で食事でもしよう。

たった1つのレストランに入ったらこれがアメリカン風。海老天180UAHにコーラ30UAH・・・高っ・・・でも使えない残金持って帰るよりまし

P1020561.jpg


 時間は30分しかない。15分後料理トレーが来次第、コーラゴクゴク、海老天パクパク、ヨーロッパ人ならこんなに時間がなかったらレストランなんか絶対入らないね。こっちは国外で使えないグリブニャを有効的に使うことが目的、でも天ぷらアツアツだからうまかったよ

今回も読んでくれてありがとう。ウィーンへ飛ぶ前の話が残ってました。これから小書きで連ちゃんします。また良ければクリッククリクリお願いします。
↓↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。