2008年3月29日、我が家にノーフォークテリアの子犬がやってきました。ドッグショーでそれまで知らなかったノーフォークテリアを見つけて一目惚れ。これから彼との長い付き合いが始まります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にギターの話
2014年12月29日 (月) | 編集 |
今日神奈川県は朝から結構な雨。
アルフの散歩は雨の中約15分で切り上げました。


会社は冬休み、明日は帰郷ということで、今日は大掃除の続きと帰郷の準備。それなりに忙しかったんだけど、ようやくそれも落ち着きました。


で、帰郷すれば、NET環境がないので、帰郷前にブログでも書こうか、と思ったけど、今日は雨で外の写真はありません。アルフももう横になってるし・・・



そうそう、左の列の、「最近の記事」っていう下に、「カテゴリー」というのがあって、その中にあるギターシリーズが、もう6年半も書いてないので久々に書いてみようかな。ギターの話書くとまた長くなりそうだけど・・・



6年半前には、僕の愛器の、[マーチンD-18]と[グルーン]、それとミニエレキギターの、[フェルナンデスの象さんZO-3]を紹介したけど、今日は、2年半ほど前に入手した絶品の、[マーチン 000-28EC]と、[ヤマハ サイレントギター10周年記念モデルSLG110N QM CMB]を紹介しましょう。



まずは、[マーチン 000-28EC]から。
写真は、以前に紹介した、グルーン(後ろ)と000-28EC。
IMG_3009_20141230022823d52.jpg



ヘッド部分には金色のペグ、指板やサウンドホールの周囲、またボディの周辺にキラキラ光るアバロン貝をふんだんに使ったグルーンに比べて、[000-28EC]は、まさにビンテージを感じさせる落ち着いたデザインです。



ペグはビンテージタイプのマーチン000-28EC(左)と金色のグルーン
IMG_4228.jpgIMG_3007_201412300253468ba.jpg



しかし、簡単に、[000-28EC]なんて言ってるけど、考えれば、[000-28]を欲しいと思ってから、入手するまで30年以上かかってます。
前に、[マーチンD-18]を紹介したけど、これもアメリカまで、[000-28]を探しに行って、結局フィンガーピッキング用にはグルーンがあるから、ストロークを気持ちよく弾ける、[D-18]にしよう、と現場で心変わりしたもの。でもこの時も、「いつかは、000-28]を・・・、とブログでつぶやいてたね。



で、2010年10月に日本へ帰国してからは、暇潰しにいろんな楽器屋に行って、ギターをチェックしてたんだけど、やっぱり、[000-28]は、小ぶりながらも、力強く、それでいて繊細でふくよかな音が抜群、さすがに多くのギタリストに愛され続けるギターでした。



[000-28]で1点だけ気になったのは、そのボディの白さ・・・これは年代が経つといい飴色に変わっていくんだけど、どこの楽器屋でもその横には、いつも、[000-28EC]というモデルが並んでいました。



1996年に発売された、[000-28EC]は初めから既に僕の好きな濃いめの飴色の上、マーチンビンテージのヘリンボーン(ニシンの骨)柄がサウンドホールとボディ周囲を取り囲んでおり、指板のポジションマークもダイヤモンド&クロス。目立たないけど、いろんなところで差別化していて、ルックスはいうところなしの僕好み。

でも、高い!ただでさえ高嶺の花の、[000-28]より、さらに高い!



肝心の音は、といえば、[000-28]とはかなり違います。店員さんに言わせれば、[000-28EC]のほうが、音量がある、ということだけど、僕から言えば、音質自体が全く違う。主観だけど、あえていうなら、[000-28]は男らしい骨太な音、[000-28EC]は、女らしいふくよかで優しい音。多分激しい曲は、[000-28]の方が合うだろうし、サスティンが効いて優しく響くのは、[000-28EC]のほうと思います。これも迷うところ。



同じモデルを店頭で弾いても、生楽器は1本1本音が違うので、なかなか決めきれないもんだけど、ある日渋谷のイシバシ楽器で、中古の[000-28EC]を試奏させてもらったら、あまりに熟成された音に思わず魅了されてしまいました。1998年製で、丁寧に育てられてきたような感じ。
店頭にあった新品の-28ECや-28と直に比べても音の差は歴然、また中古といえど、傷ひとつ見当たらない上物です。

これこそ、ようやく見つけた1本、という感じだったんだけど、安い買い物ではないので、とりあえず1日だけ取り置いてもらって、その足で、歩いて5分のクロサワ楽器に行きました。



ここも何度も足を運んでいるところで、その1-2ヵ月前に立ち寄った時には、[000-28EC]が10数本も壁にかかっており、店長からは、「少し前にエリッククラプトンが店に来たので特にこのモデルは質を厳選して数を揃えている」、という話を聞いていました。ちなみに、ECとは、Eric Claptonの略。[000-28EC]は、伝説の、「エリック クラプトン アンプラグド Live」で使用されたギターのシグニチャーモデルで、ギターにクラプトンのサインが入っています。
僕は特にクラプトンのファンというわけではないので、このサインはいらないんだけど、アンプラグドのアルバム自体は、何度も聞いたし、コピーした曲もあるので、まぁいいかと。



Eric Claptonのサイン入り
IMG_4227.jpg



クロサワ楽器でも、新品、中古品取り混ぜ何本か、[000-28EC]を弾かせてもらったけど、さっき感じたようなビビビ感はなく、結局翌日もう一回、イシバシ楽器で音を確かめ、やっぱり特別なバランス感を感じたので、これは運命と考え、思いきって購入しました。



家に持って帰って弾いていると、その音の良さをあらためて感じます。とろけそうになるぐらいいい音です。今までいろんなアコースティックギターを弾いたけど、それまでの音がほんとうに貧素に思え、もっと早くこのギターを手に入れてれば遠回りせずに済んだのに、と思います。ギターが上手とか、下手とか、そういうことではなく、この音に触れていると気持ちが良い、ずっと触れていたい・・・というような不思議な魔力があって、購入してから家にいるときは、常に自分の近くにあります。


IMG_4222_20141230022826887.jpg



よく伸びる高音と力のある中域、小ぶりなのに低音もしっかりしており、これらの音がボディ全体に響いて出てくるので、豊かな音がして、気持ち良くなります。
スチール弦なのに、これでクラシックを弾いたりすると、クラシックギターの音に聞こえてくるような気になるぐらいです。
とにかく弾いていて気持ちがいいし、もし学生時代からこれを持っていたら多分肌身離さず、ずっとこれで遊んでいたかも。そしたらもっと上手くなれていただろうな、と思います。



マーチンの話だけで、まだまだ話すことがあるのに、あっという間に時間が経ってしまいました。

ヤマハのサイレントギターはまたの機会にしましょう。

ヤマハサイレントギター(左)とマーチン000-28EC
IMG_4224_20141230022920207.jpg

今回も読んでくれてありがとう。良ければどれでもクリックお願いします。
↓↓クリックするともっと多くの仲間にアクセスできるよ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

スポンサーサイト
テーマ:ギター
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。