2008年3月29日、我が家にノーフォークテリアの子犬がやってきました。ドッグショーでそれまで知らなかったノーフォークテリアを見つけて一目惚れ。これから彼との長い付き合いが始まります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スロバキア共和国
2009年10月10日 (土) | 編集 |
ウィーン市内から1時間もあればスロバキアに行ける、というので先週日曜の午後からふらりとでかけました。家から東へ東へ走ると約30分でウィーン空港、それを右手に見過ごしてさらに東へ高速を飛ばすと左はハンガリー、右はスロバキアの標識。右にハンドルを取りまだまだ進むと平原に林立する風力発電の風車群。空港から約20分も経つころにはもう国境でした。


スロバキア国境。1993年1月1日、チェコスロバキアから分離独立。昔は入国ビザが必要で大げさだったけど2004年EUに加盟、今年から通貨もEuroに変わり国境には2つの立て看板だけ。
国境2


ちなみに右のサインボードのマークが国章。国章の複十字(ダブル・クロス)はビザンチン帝国(東ローマ帝国)の正教会のシンボルであり、その下の三つの丘は実在する三つの小山(タトラ山、ファトラ山、マートラ山)を表すということです。
国境3


国土面積は約49千k㎡、日本の約1/8、北海道の約6割、人口540万人なので兵庫県や北海道ぐらい。世界で言うとデンマークやフィンランドと同じくらいで2008年推定では世界111位です。(ちなみに日本は127百万人で10位)


国境の町は首都でもあるブラチスラバ。国境から10分も走るともうセンターです。センターの一角には城があるということでまずはそこまでNavi任せ。


途中すれ違ったのは、日本では懐かしいトロリーバス。日本ではまだどこかで走っているのかな。
トロリー


ガイドブックのすすけた色の城と違い、壁は平面、真っ白で威厳も歴史も感じない。全体を塗り替えたばかり?でもガイドブックも1990年版なのでいつごろ塗り替えられたのやら。
ブラチスラバ城


これがお城の表札。
表札


どうやら図からすると歴史的な改築中でこれから増築、それに何もないグラウンドを緑の庭園に変えるようです。
左が今、右が改築後で庭がにぎやかになっています。 
使用前使用後


城の中に入れないので高台の城からの眺めを楽しんだあとはセンターへ。
城からの風景


地下駐車場を出るといきなり立派な建物。劇場と思っていたけどあとで調べるとこれはオペラ座。
オペラ座


オペラ座の前にはきれいに整備された広いセンター街路樹通りが1直線に続く。東欧の街の特徴をここに感じる。(東)ドイツのベルリンやライプティヒでもそう、チェコのプラハでもそう、一直線の大変広い通りが続くのだけれど、これはかつて戦車が列をなして走ったり、はたまた戦闘機が離発着できるようにそのような道路を作った名残りだとか。ここもおそらく同じようなことと思いますがそれにしてもきれいな通りになっています。
メインストリート


窓辺のワン。
1.jpg


ぶらぶらしていると銅像が2体、両方とも同じような格好をしたパントマイムがその横に。
右の銅像横の標識には、働く人、「Man at Work」と書かれています。
像1  像2 

その人は開いたマンホールから上体を路上に出しているのでした。
Man at Work


大きな歌声と演奏が聞こえるので行ってみたらそこは広場、ロックコンサートでみんなのりのり。ステージ上でプロカメラマンがずっと撮影していたので有名人かもしれません。
コンサート


広場の風景、小さい三角形の屋根はそれぞれが出店。土産物や小物を売っています。この一角には大きな店構えのお寿司屋さんも。ここでステッカーを買って今年発行されたばかりのスロバキアユーロコインをGet。全種類は揃わなかったのでまた次に。
広場


プードル連れでコンサート見学。 2.jpg



近場の教会では結婚式のカップルが。
ウエディング



お腹もすいてきたので寿司屋もあったけど地元のレストランに入ることに。
IMG_3095_convert_20091015061834.jpg


スロバキアの豆スープは辛い。チキンスープは薄めの味、皿の上はポークと生ハム、キャベツの酢付けで東欧としては無難なメニュー。お釣りをまたスロバキアユーロコインに変えてもらって全種Get。
地元食


ストリートハープを聴きいる女の子
ハープ


数時間の散歩でもうわかったような気になるあまり大きな町ではないようだけど、国が違うとやっぱりそれなりにどこか違います。それにしても自分の行ったことのある東欧は15年程前と比べどこも似ても似つかないほど街が変わってきています。メインストリートでもほこりっぽい道、でこぼこ道路やあっちこっちが割れたアスファルトの道路が普通だったのにそういうメインストリートは姿を消し、路上に座っていた人たちはきれいな服装でベンチに座って西欧と同じ風景、EU加盟やEuro貨幣で自由流通が進み店頭商品も今では西欧と似たり寄ったりです。メインの場所以外はわかりませんが少なくとも街の不穏な空気もなくなっているし旅行者には選択肢が広がったといえるでしょう。
スポンサーサイト
テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
Ruchiさん
ご無沙汰です。ここオーストリーは確か7カ国に囲まれているので隣の国なら隣の県に行く感じで行けます。県と違うのは、人種、言葉、歴史が違うので近い所なのに街の建物や赴きも違い、店にある土産物も違い、確かに異国な感じがするのがおもしろいところです。
2009/11/02(Mon) 01:28 | URL  | Porton #-[ 編集]
ごぶさたしています。
いつも素敵な写真をみせていただいてありがとうございます。
異国の風景を眺めているだけで、
そこに行っている気分を味わえて、
とても幸せな気持ちですi-179
マンホールから体をだしている銅像は、遊び心たっぷりですね!

いつか実物を見てみたいですi-179i-176
2009/10/28(Wed) 11:57 | URL  | Ruchi #-[ 編集]
キングさん
最近、Wifeから聞きました。驚きです。こんな場ですが先日は、というかいつも大変お世話になっているそうであらためてありがとうございます。また今後とも宜しくお願い致します。
2009/10/17(Sat) 16:07 | URL  | Porton #mMKh.xLg[ 編集]
キリトさん
ほんと久しぶり、でもたまに行ってるよHP,全然最近更新ないねー。どうしたん?また早い再開を待ってます。
2009/10/17(Sat) 16:04 | URL  | Porton #mMKh.xLg[ 編集]
今回のヒットは、窓辺のワンちゃんとマンホールの叔父さんとプードル犬でしたが、絵的にはどのショットも素晴らしく満喫させてもらいました。どのワンちゃんもそれぞれ味があるのは素敵な風景のせいでしょうか?また次回楽しみにしています。アルフの登場も期待してまーす。宜しく。
2009/10/15(Thu) 00:43 | URL  | キング #-[ 編集]
お久しぶりです(笑)
ギリシャにスロバキア・・・
それぞれの街並みが見られてなんだか、
テンションがあがってる私です(^^)
写真だけみていると、全然違う世界をみている気分になりますね~♪
でも、実在する風景ばかりで・・・
なんだか落ち着きます☆
2009/10/12(Mon) 22:30 | URL  | キリト #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。