2008年3月29日、我が家にノーフォークテリアの子犬がやってきました。ドッグショーでそれまで知らなかったノーフォークテリアを見つけて一目惚れ。これから彼との長い付き合いが始まります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベートーベンの小径散歩
2010年03月21日 (日) | 編集 |
昨日も今日も天気は今ひとつ。でも昼間15度前後まで気温が上がってきました。いつまた逆戻りかわからないけど着実に春がそこまで来ています。

昨日は十数年ぶりでベートーベンの小径(小道)といわれるベートーベンゆかりの地を散歩。ここは15年ほど前に住んでいた家から徒歩10分ほどのなつかしい場所。今の家からでも車で10分足らずだけど、今回ウィーンへ引っ越してきてからは初めての訪問です。

以前は冬はこのあたりの公園で子ども達と尻スキーで遊んだり、夏は壮大な山の斜面に広がるブドウ畑の風景を楽しんだり。ここはウィーンの森の入り口にもあたり静かに暮らすウィーンの人たちの憩いの散歩道です。

昨日は久々だったのでカメラを持って出かけたけど、カードリーダーからPCに移す時に勘違い削除、削除したら普通はゴミ箱に残るのにカードリーダーからの削除はどうやらどこにも残らないみたいです。まぁ近所の風景だから良かったけど皆さんも気をつけて。

ということで今日はまたもカメラを持って同じコースの一部を歩いてきました。

まずは、ベートーベンの家。下の白い家がそうです。ベートーベンは耳が悪かったために家でピアノを弾いていて注意されてもそれが聞こえずいろんなアパートを追い出された、ということで彼が住んだ家は数十件あるらしいけど、写真のところがもっとも有名、観光ガイドにも掲載されているところです。今日は日本から観光の女性2人連れにも会いました。
IMG_6001s_20100322033445.jpg


オーストリーでは歴史に残る建造物には写真のような4枚の旗が壁にかかっています。
CIMG2619sb.jpg CIMG2620.jpg


入り口を入ったところのパテオ(中庭)。ここら辺りは本当に静かなので四六時中ピアノを弾くと周囲はかなりの迷惑だったかもしれません。正面の階段を上がったところが彼の部屋です。
IMG_6004.jpg


さてそこから少し歩いて行くとベートーベンの小径。ベートーベンはここを散歩しながら小川のせせらぎと自然の中でいろんな曲を作ったとか。通りの名前もズバリBeethovengang(ベートーベンの小径)です。
IMG_6030.jpg


その頃はアスファルトはなかったでしょうが木々に囲まれて流れる小川のせせらぎは健在です。
IMG_6016.jpg


春の証し、黄色い花が芽吹き始めています。アルフ落ちるなよ。
IMG_6034s_20100322052538.jpg


小川の冷たさが気持ちが良いのか、小川の上を歩いたり、流れる水を飲んだり、自由気ままなアルフです。
IMG_6040s.jpg IMG_6041s.jpg


                         途中ベートーベンの記念碑が。
IMG_6013.jpg IMG_6019.jpg


記念碑前で一枚。
IMG_6020s.jpg


そういえばもうすぐイースター、玄関にMerry Easterの飾り。IMG_6007.jpg


庭の木には色とりどりの卵がぶら下がり始めています。
IMG_6008.jpg


いや~、緩んできましたよ。これからいい季節です。

今回も読んでくれてありがとう。良ければどれでもクリックお願いします。
↓↓クリックするともっと多くの仲間にアクセスできるよ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

スポンサーサイト
テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/01/09(Mon) 02:11 |   |  #[ 編集]
ロビンさん
いや確かにロンドンとは全く違います。コッツウォルズのほうがよっぽどウィーンに近いです。ロンドンは広大な一面野原の公園が多いけど、ウィーンはどこまでも先を見渡せるような広大な公園というのはあまりなく、それはあるとしたらウィーンの森の中に広がる自然そのものです。

普段の散歩道もロンドンにいる頃はW.Actonだったのでまだ街の中で散歩という感覚があったけど、こちらではどこを歩いても自然の中を散歩している気がします。W.Actonからピカデリー等のセンターまでチューブや車で30分程度かかったことを思うと今の場所からセンターのオペラ座まで20分弱、逆にウィーンの森といわれるあたりまで車で10分弱、要するに街のサイズがロンドンと全く違うということです。

2009年度世界で最も住みやすい都市にウィーンが選ばれていたけど、多くの人が街のサイズをあげていました。中世の建物と近代化された建物が自然の中に囲まれているよなものです。だからコッツウォルズで見られるような小川がすぐ近くにあったりします。

もう一年も経つのにNFTには会いません。アパート探しの時に犬同伴というのはたいした障害ではないほど犬との生活が当たり前のウィーンなのに。やっぱり道で犬種を聞かれる事はありますよ。なのになんでNFT世の中に少ないのかね?あまり多くいないのがまた良いところだからそれはそれで良いけどね。


2010/03/28(Sun) 14:05 | URL  | Porton #mMKh.xLg[ 編集]
何か全然ロンドンと違うなぁ、、↑でPortonさんが書かれているようにオーストリーは自然環境保護から建物の保存から国を挙げて大切に保護しているんでしょうね。アルフくんも街並みにばっちり合ってる!!すっかりオーストリー駐在のノーフォークアンバサダーですね。オーストリアンがアルフくんを見たときの反応はどんな感じなんですか?皆さんノーフォークテリアってやっぱりご存知ないのかな?
2010/03/28(Sun) 07:46 | URL  | ロビン&テリアガールズ #1wIl0x2Y[ 編集]
さとみさん
そういわれてみればガングとギャングは同じスペル、考えもしなかった・・・こっちは大きい通りからStrasse(ストラッセ)、Gasse(ガッセ)、Weg(ヴェっグ)、Gang(ガング)というステップで小さくなるよ。
さとみさん、URLあったら教えて。
2010/03/27(Sat) 19:59 | URL  | Porton #mMKh.xLg[ 編集]
追い出されても追い出されてもピアノを引き続けたベートーベン、ほんものの芸術家ですねー
ベートーベンギャングっていうんですね。小道の名前なのに、なんか今風のこわい人々みたいな名前ですね。
2010/03/27(Sat) 18:10 | URL  | さとみ #-[ 編集]
キリトさん
いやーほんと久しぶり。元気?

パソコンに関する世界は超スピードで動いてるので久々にパソコンを見たらとんでもないぐらいいろいろたまっているでしょう。

ここは平日は時間なく週にせいぜい一度更新するかしないか程度だけど毎日更新している人も多いし一日何度も更新する人もいるぐらいだからブログ見ないうちにどんどん変わるよね。
2010/03/27(Sat) 17:06 | URL  | Porton #mMKh.xLg[ 編集]
まっくんくまくん
旭川は思っているより寒いのですね。
オーストリーと北海道はほぼ同じぐらいの緯度なので気候も似ていると思ってました。

でもチャロ君がきて家の中は暑くなっているのでしょうね。
2010/03/27(Sat) 16:55 | URL  | Porton #mMKh.xLg[ 編集]
ジェーンさん
ウィーンは建って何百年となる古くからの建物が多いけど驚くほどきれいに保存されています。

自然環境もいいし、人口も適度、95年にECになる前は半分社会主義なので国を挙げてこういう建物の保存をしてきたし、また観光都市としての生命線ということもわかっているのでしょう。

春、いいですね。
2010/03/27(Sat) 16:47 | URL  | Porton #mMKh.xLg[ 編集]
お久しぶりです(^^)
なんだか少しパソコンから遠ざかってる間に
ブログがたくさん更新されてて・・・
あたり前なんですけどね(笑)
なんだかびっくりしてました。
アルフ君は本当に素敵なトコロに住んでますね。
疾風にも歩かせてあげたいな~♪
2010/03/23(Tue) 23:57 | URL  | キリト #-[ 編集]
記念碑とアルフ、お約束のショットが見られてうれしいです。
もしかして、削除された方にはもっとおもしろ写真があったのでは?と思うとおしいです~。
ウイーンは春めいてきましたね~。
旭川はこの時期には珍しく猛吹雪で、春はまだまだです。
2010/03/22(Mon) 16:36 | URL  | まっくんくまくん #-[ 編集]
これがベートーベンの家ですか~
綺麗に保存されてるんですね☆

データの削除。ありますよね~><;
私も時々やってしまいます~

これから暖かくなってお散歩日和ですね^^
2010/03/22(Mon) 16:22 | URL  | ジェーン #EMlnxhJ6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。