2008年3月29日、我が家にノーフォークテリアの子犬がやってきました。ドッグショーでそれまで知らなかったノーフォークテリアを見つけて一目惚れ。これから彼との長い付き合いが始まります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イースター@チェコ(プラハ)
2010年04月05日 (月) | 編集 |
毎年5月のプラハ国際音楽祭、1968年のチェコスロバキア改革運動、「プラハの春」にもいろいろあるけど、ヨーロッパも長い冬が明け、いよいよイースター、「プラハの春」楽しんできました。


距離で言えばうちからプラハまで320Km,普通のところはこの距離は3時間強で行ける計算だけど、チェコ行きはそうは行きません。ウィーンとプラハの間高速道路は約半分、あとの半分はいくつもの村をたらたら50Kmに減速して横切っていくのです。先々月は出張でプラハまで行ったけど、隣で運転の現地人が村のスピードカメラにやられました。人がいないと思って油断するとピカッと光るのです。


さて朝8時ごろ出発、昼過ぎにホテルについてチェックイン。そのあとすぐにセンターに向かいました。センターはイースターの出店がいっぱい、広場は思いもかけず人、人、人。でも動けないほどではなく適度に混んでるお祭り状態でなかなか良い雰囲気です。右は1135年に立てられ14-16世紀にかけ現在の形になったというティン教会。
IMG_6143b.jpg


ティン教会に向かって左手のこれも教会?
IMG_6141b.jpg


なぜかクラシックカーが街の真ん中でたまに走っている、と思ったらこれは観光用。1時間1200-1500コルナ(5000円-7000円程度)
IMG_6252.jpg


こんなでかいアメ車が走るとさぞ迷惑、というより狭い路地が多いのにこれじゃちょこまか回れない。
IMG_6109.jpg


さてチェコの名物土産、といえばあやつり人形。
露天では操り人形も売っているけど、上からバネでぶら下げる人形が人気です。でもほとんど魔法使いのおばあさんばかり。右の大きさ15Cmぐらいのもので150コルナ(約700円弱)、左の20Cmぐらいのもので200コルナ(約1,000円)。とっても安い!ユーロで買うと割高。
IMG_6375.jpg


上もそうだけど露天の魔法使い、手をたたくと目が赤く点滅し、ギャハハハ、という不気味な声を出しながら脚をばたばた動かします。(150CZK)
IMG_6368.jpg


音で床掃き魔法使い。(200CZK)   これはマリオネット。(200CZK)
IMG_6369.jpg IMG_6371.jpg 


音で小刻みに身体をゆすり続けるトイレ中の魔法使い。街にはマリオネット劇場があちこちに。
IMG_6162.jpg IMG_6261.jpg


いろんな人がいます。
ろうそくが立つおしゃれなケーキ帽をかぶった人。
IMG_6168.jpg


背中にワンちゃんを背負っている人・・・いいねこれ。
IMG_6145.jpg


リードなしで人ごみを歩くダックス君はめずらしい。
CIMG9070.jpg


豪快焼き豚炭火焼。焼き頃をザクッと三角錐型に切って売っていた。
IMG_6338.jpg


これはお勧め。とってもやわらかくて甘くおいしい焼きたてのパンとケーキの間ぐらいのおやつ。炭火の上でぐるぐる回して焼いています。日本で言うたこ焼きみたいな存在か。チェコの祭りにかかせない。
IMG_6174.jpg


夕食はボヘミヤ(チェコ)の伝統料理、チェコの料理は美味なものが結構あります。
CIMG9157.jpg CIMG9158.jpg



うちはいつも昼までホテルでゆっくり。
そういえばチェコといえば、最近はのだめカンタービレ!と思い立って、持ってきていたPCでそのゆかりの場所を調べてみました。ふむふむ。そうか市民会館のスメタナホールで撮影したのか、あれっ、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地は昨夜のレストランのすぐそばだったのか・・・


ということで行ってみたのがスメタナホール。14時からの見学コースに参入。いろんな部屋を見てきました。
IMG_6348.jpg


これがその中のスメタナホール。チェコでのクラシック世界音楽祭が開かれるところです。ウィーンに比べれば少し質素な感じはするけどステージ上のパイプオルガンは4814本のパイプからなり世界最大のオルガンのひとつ。
IMG_6414.jpg


チェコのボヘミアングラスは有名だけどドゥビ工場で作られたブルーオニオンも人気があります。
CIMG9197.jpg


暮れなずむプラハ城。
IMG_6283.jpg

今回も読んでくれてありがとう。良ければどれでもクリックお願いします。
↓↓クリックするともっと多くの仲間にアクセスできるよ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ ノーフォークテリアへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

スポンサーサイト
テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメント
まっくんくまくん
そうそう、チェコは物によっては思わず買いたくなるようなものがまだまだあります。

木のおもちゃは日本の半値ぐらいかな。
欧州の有名ブランドの磁器やグラス食器はなぜか本家本元の工場まで出かけて行って買っても日本のほうが安い場合があるけど、チェコのボヘミヤングラス等はこちらのほうが日本よりかなり安いです。
2010/04/11(Sun) 23:23 | URL  | Porton #mMKh.xLg[ 編集]
そうですか、50種類もあるんですね。
ブルーオニオン=マイセンと思い込んでいました。
思い込みって恥ずかしいです・・・。
しかも、手作りなのにリーズナブルでデイリーユースとは恐るべしチェコですね。
2010/04/11(Sun) 16:01 | URL  | まっくんくまくん #-[ 編集]
まっくんくまくん
まっくん、写真の陶器だけどこれはマイセンではなく、チェコのカールスバードという陶器ブランドです。

ブルーオニオンは世界中で50種類存在するらしいですが、最も古くて有名なのがマイセン。次にドイツのフッチェンロイター社とチェコのドゥビー社のものを入れて世界3大ブルーオニオンと称されます。

カールスバードはチェコのボヘミア地方で生まれた磁器のブランド。カールスバード・ブルーオニオンを製造する会社はいくつもあるけどその中でも、ドゥビー社が1885年にカールスバード・ブルーオニオンをボヘミア地方で初めて製造しもっとも有名です。手作りだけど価格はマイセンと違ってそんなに高くないのに上品なので普段使いの食器として重宝します。
2010/04/11(Sun) 01:40 | URL  | Porton #mMKh.xLg[ 編集]
トイレ中の魔法使い!かわいいですね。
「のだめ」を見ていなかったので解らないけど、建築物はどれも美しいですね。
マイセンの展示物も総額おいくら?なんて考えちゃったりして・・・。
今回の旅ではアルフ君はお留守番ですね。お利口にしていたかなあ?
2010/04/06(Tue) 08:04 | URL  | まっくんくまくん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。