2008年3月29日、我が家にノーフォークテリアの子犬がやってきました。ドッグショーでそれまで知らなかったノーフォークテリアを見つけて一目惚れ。これから彼との長い付き合いが始まります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンガリー旅行
2010年02月21日 (日) | 編集 |
家族3人で行く国外旅行は久々、昨年10月末のスロベニア、クロアチアドライブ以来です。といっても日帰り旅行、隣の国のハンガリーの首都ブダペストに行きました。家から片道約250Km、約2時間40分。


今回はアルフも一緒。アルフは産まれて2ヶ月目、ロンドンから400Km離れたブリーダー宅に引き取りに行って以来の長距離ドライブです。大丈夫かな・・・
CIMG2496s.jpg


ハンガリーは17年ぶりです。前はハンガリーに入るのにまずハンガリー大使館で事前にビザを取り、国境では検問。車が列を成し、順番を待ってパスポートやビザを見せ、トランクを開けられたりしていました。

うちもハンガリーでちょっとした食器を買ってオーストリーに戻る時にはややこしい話にならないよう検問を通る時にはそれを毛布に包んで子供たちの足元においたりしたものでした。



今はハンガリーもEUに入り、国境もご覧の通り。検問所はあっても検問はなく車はスルー。
CIMG2494s.jpg



検問所を抜けるとすぐに両替所。ユーロをフォリントに両替です。数年前には2010年からユーロ圏に入る計画があったけど財政赤字好転の見通し立たず断念したまま。

30ユーロを両替したら約7700フォリント。大体ハンガリーでは表示価格の半分が日本円価格というところです。
CIMG2495_convert_20100222020637.jpg


まずは、「ドナウの真珠」と呼ばれる景色が眺められるブダ地区に午後1時過ぎ到着。。天気は今ひとつ、気温は1℃だけど着いた頃に朝からの雨がちょうどやんで傘なしでOK,ラッキー。


ブダの王宮敷地内には、ギャラリー、博物館、図書館など。地元の人も結構来ている様子です。王宮は一見教会のようにも見えるけど敷地はかなり大きい。
IMG_5640.jpg



王宮内の建物の壁にマーチャーシ王の狩りの様子を描いた彫刻、「マーチャーシの泉」(1906年)が荘厳さをかもし出ています。
IMG_5668.jpg


川向こう、アルフの後ろは国会議事堂。
IMG_5659.jpg


ネオ・ゴシック様式の国会議事堂は、1880年着工の1902年完成。高さ96m、幅268m、奥行き118m。雄大なドナウ川の前で凛としてたたずんでいます。
IMG_5651.jpg



後ろの橋はくさり橋。新しいけど古い。重みを感じる橋です。
IMG_5657.jpg



王宮の門番、ライオン像、足元には・・・誰?
IMG_5710.jpg


アルフが小ライオンのように・・・
IMG_5711.jpg



王宮から、「漁夫の砦」に向かって歩いていると大型犬がスーパー前につながれていました。相変わらずアルフは強気。相手に絡んでいきます。相手は足も大きく身体はがっしり。噛まれたら終わりと思うけどとても上品な振る舞いです。同い年ぐらいかも。なんという犬種かな。なかなか興味を引くワンちゃんでした。
IMG_5729_convert_20100222073237.jpg IMG_5728_convert_20100222073031.jpg

IMG_5735.jpg


「漁夫の砦」の前にある唐辛子ショップ。どうやらハンガリー名産らしい。
IMG_5738_convert_20100222073446.jpg



「漁夫の砦」は7つの塔からなる砦風展望台。ドナウ川とその向こうのぺスト地区が一望できます。王宮ができた年に作られ、ドナウの漁夫のギルドがあった、とのことです。
IMG_5750c.jpg



1の砦から周りを見渡すアルフ。
IMG_5753.jpg



このあとは、新市街のペスト地区でウィンドウショッピングとディナー。メイン通りには、ハンガリーの高級陶器ヘレンドショップ、あとチェコのボヘミアングラスを本格的に売る店が2店。今月はチェコ出張もあったのでチェコより価格が安いか見たけどトントンというところです。ハンガリーの消費税25%、チェコ22%だから免税ではハンガリーの方が安いかも。
CIMG9003_convert_20100222072009.jpg




もう19時過ぎ、あとは食事です。
CIMG9005_convert_20100222073536.jpg



ブダペスト地区を出たのは22時前、眠い目をこすりながら雪の吹き付ける高速を飛ばし、結局家に着いたのは1時過ぎの小旅行でした。


テーマ:東欧
ジャンル:海外情報
スロバキア共和国
2009年10月10日 (土) | 編集 |
ウィーン市内から1時間もあればスロバキアに行ける、というので先週日曜の午後からふらりとでかけました。家から東へ東へ走ると約30分でウィーン空港、それを右手に見過ごしてさらに東へ高速を飛ばすと左はハンガリー、右はスロバキアの標識。右にハンドルを取りまだまだ進むと平原に林立する風力発電の風車群。空港から約20分も経つころにはもう国境でした。


スロバキア国境。1993年1月1日、チェコスロバキアから分離独立。昔は入国ビザが必要で大げさだったけど2004年EUに加盟、今年から通貨もEuroに変わり国境には2つの立て看板だけ。
国境2


ちなみに右のサインボードのマークが国章。国章の複十字(ダブル・クロス)はビザンチン帝国(東ローマ帝国)の正教会のシンボルであり、その下の三つの丘は実在する三つの小山(タトラ山、ファトラ山、マートラ山)を表すということです。
国境3


国土面積は約49千k㎡、日本の約1/8、北海道の約6割、人口540万人なので兵庫県や北海道ぐらい。世界で言うとデンマークやフィンランドと同じくらいで2008年推定では世界111位です。(ちなみに日本は127百万人で10位)


国境の町は首都でもあるブラチスラバ。国境から10分も走るともうセンターです。センターの一角には城があるということでまずはそこまでNavi任せ。


途中すれ違ったのは、日本では懐かしいトロリーバス。日本ではまだどこかで走っているのかな。
トロリー


ガイドブックのすすけた色の城と違い、壁は平面、真っ白で威厳も歴史も感じない。全体を塗り替えたばかり?でもガイドブックも1990年版なのでいつごろ塗り替えられたのやら。
ブラチスラバ城


これがお城の表札。
表札


どうやら図からすると歴史的な改築中でこれから増築、それに何もないグラウンドを緑の庭園に変えるようです。
左が今、右が改築後で庭がにぎやかになっています。 
使用前使用後


城の中に入れないので高台の城からの眺めを楽しんだあとはセンターへ。
城からの風景


地下駐車場を出るといきなり立派な建物。劇場と思っていたけどあとで調べるとこれはオペラ座。
オペラ座


オペラ座の前にはきれいに整備された広いセンター街路樹通りが1直線に続く。東欧の街の特徴をここに感じる。(東)ドイツのベルリンやライプティヒでもそう、チェコのプラハでもそう、一直線の大変広い通りが続くのだけれど、これはかつて戦車が列をなして走ったり、はたまた戦闘機が離発着できるようにそのような道路を作った名残りだとか。ここもおそらく同じようなことと思いますがそれにしてもきれいな通りになっています。
メインストリート


窓辺のワン。
1.jpg


ぶらぶらしていると銅像が2体、両方とも同じような格好をしたパントマイムがその横に。
右の銅像横の標識には、働く人、「Man at Work」と書かれています。
像1  像2 

その人は開いたマンホールから上体を路上に出しているのでした。
Man at Work


大きな歌声と演奏が聞こえるので行ってみたらそこは広場、ロックコンサートでみんなのりのり。ステージ上でプロカメラマンがずっと撮影していたので有名人かもしれません。
コンサート


広場の風景、小さい三角形の屋根はそれぞれが出店。土産物や小物を売っています。この一角には大きな店構えのお寿司屋さんも。ここでステッカーを買って今年発行されたばかりのスロバキアユーロコインをGet。全種類は揃わなかったのでまた次に。
広場


プードル連れでコンサート見学。 2.jpg



近場の教会では結婚式のカップルが。
ウエディング



お腹もすいてきたので寿司屋もあったけど地元のレストランに入ることに。
IMG_3095_convert_20091015061834.jpg


スロバキアの豆スープは辛い。チキンスープは薄めの味、皿の上はポークと生ハム、キャベツの酢付けで東欧としては無難なメニュー。お釣りをまたスロバキアユーロコインに変えてもらって全種Get。
地元食


ストリートハープを聴きいる女の子
ハープ


数時間の散歩でもうわかったような気になるあまり大きな町ではないようだけど、国が違うとやっぱりそれなりにどこか違います。それにしても自分の行ったことのある東欧は15年程前と比べどこも似ても似つかないほど街が変わってきています。メインストリートでもほこりっぽい道、でこぼこ道路やあっちこっちが割れたアスファルトの道路が普通だったのにそういうメインストリートは姿を消し、路上に座っていた人たちはきれいな服装でベンチに座って西欧と同じ風景、EU加盟やEuro貨幣で自由流通が進み店頭商品も今では西欧と似たり寄ったりです。メインの場所以外はわかりませんが少なくとも街の不穏な空気もなくなっているし旅行者には選択肢が広がったといえるでしょう。
テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
ギリシャ出張
2009年10月04日 (日) | 編集 |
先週末はギリシャ出張でブログはお休み。
欧州内出張はたいてい日帰りできるけどアテネ行きのフライト到着は午後2時頃。月曜会議となると日曜出発するしかありません。帰りの便も午後3時頃しかないので丸1日会議をするのなら最低でも3日必要です。出張では中途半端な時間はせっかく観光地にいるのにもかかわらずホテルや飛行場で会議議事録作成か半日市場調査・・・というパターンにはまってしまいます。まぁしかし今回は日曜日夕刻ホテル着、翌日準備もあるけど到着後まだ明るいさなかの日曜日。少し街を歩いて見ました。


今回見つけたホテルはアテネのど真ん中。ショッピングに観光に便利なうえ、駅近で通勤や市場調査にも便利。しかも価格はいつもの約半値。いつもは現地取引先にホテル予約を頼むけど、今回はより便利で価格を落とせるところを自分で探しNet予約をして見ました。


なぜ半値?窓がない・・いやあるけど、3m前は隣のビルで人が働いておりお互い丸見え。つまりカーテンはそのオフィスビルの人が帰ってからしか開けられません。だからカーテンは締めっきり。しかもレースではなく厚手。電気をつけないと部屋は真っ暗。外は南欧の太陽がさんさんと輝いているのに。

部屋の広さもいつもの2/3程度、神殿も窓から見えないけど一応クーラーもまともだし、まぁどうせ夜しかいないのだからそのロケーションとコストパフォーマンスから満足度は高く大正解。
カーテンが開けられないホテル


こういう中心街に行くことで、今のトレンドや生活風景、どういう人種が多いのか、などいろんな風を感じることができます。今回は1日の総選挙を控え、ショッピング街入り口に簡易ラジオ放送局が設置され深夜まで選挙に絡んだ放送をしていました。
コーラの買出しに夜1時頃外に出たら、まだこの商店街入り口(そこは国会議事堂前でもあるのだけれど)の簡易放送局横簡易ビアガーデンは大盛況、明日みんな働くのかな。
 お国が違うといろいろおもしろいものです。


こちらショッピングモール、正面は国会議事堂。
ショッピング街の向こうには国会議事堂


旧市街のプラカ地区まで歩いて5分、そこを抜けてその先のパルテノン神殿等があるアクロポリスまで歩いて20分ぐらい、下から神殿の一部も見えています。何よりいいのは中心街だから日本食レストランに徒歩5分で行ける事。
プラカ地区からアクロポリスを眺める

アクロポリスの一角、エレクティオン神殿をアップで撮影 ↑↓
エレクティオン神殿

プラカは伝統的な土産物屋が続く
プラカ土産物屋街

ギリシャ楽器ブズーキは、マンドリンと似た楽器、大中小があり、小で長さ60cm程度。楽器として楽しめるのは60Euroぐらいから。上はきりが無いけどステージ向けが500-600Euroぐらいからある。1000Euroだせばかなりいいものなので弦楽器としては結構安い。でも音はマンドリンより透明度が高く結構遊べそうな楽器です。
ブズーキ


もうひとつのアテネの風、それは街のあちこちでゴロゴロしている大型犬。ここは今まだ日中30度ほどあるのでまだ夏場。写真のとおりあっちこっちでこういう景色が見られます。気力は全くなし。しかし以外に皆痩せてる様子はなく均整の取れたルックスです。

立派な体のラブラドール系      広場の冷たいガラスに寝そべる2匹
野良1 野良

これはビーグル?首輪は無いけどきれい
野良3 野良

野良2 野良5

野良8 野良4 

レストランの入り口でじっと座り、前足をしっかり立ててウェイトレスの動きを追い続けるテリア風の犬には哀愁がありました。
 野良7



テーマ:ヨーロッパ旅行記
ジャンル:旅行
トルコ旅行
2009年01月02日 (金) | 編集 |
クリスマス休暇で一週間の休みをとり、トルコ旅行です。
アルフはパスポートを取ったものの今回もお留守番。今回の預け先は空港近く。アルフ、また預かられの身になるけど頑張れ~!キャンキャンこく

ロンドンから正味4時間のフライトでイスタンブール到着、時差は2時間。トルコは2度目、前回はたしか13年前、トルコの南のヘリで毎日朝から晩までホテルのプールや海で泳いだり、ベリーダンスを見たり、家族5人で十分楽しんだ夏でした。でも子供は小さかったので覚えていないかも。。。

さて今回はトルコ旅行ではもっとも人気のイスタンブールとカッパドキア。カッパドキアはイスタンブールの「ハイデラバシャ駅」から寝台車で10時間半の首都アンカラからさらにバスで走ること4時間半、アンカラの東南約290Kmの位置にある世界遺産地域です。

まずは、イスタンブール。ヨーロッパで見られる教会と違ったイスラムのモスク。あっちこっちにミナレットと言われる細い尖塔を持ったモスクが点在しています。その象徴的なものとしてイスタンブールの旧市街にある世界文化遺産のスルタンアフメトジャーミィ、通称ブルーモスクがあります。1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された世界で最も美しいと評されるモスクです。
ブルーモスク

モスクの窓は見事なブルー系ステンドグラス。またブルーモスクと言われるのはそれだけではなく特に女性の祈りの場所である2階部分のタイルが全面ブルー系だから、らしい。
ブルーモスク内部1

直径27.5mの大ドームは繊細な模様と高さ43mの豪快な吹き抜け。
ブルーモスク内部2

その目と鼻の先は、キリスト教会として約500年、イスラム教会として約900年のの歴史を持つ世界遺産のアヤソフィア。現在は博物館。物がいろいろ並べている博物館ではなく、建物そのものが博物館という感じ。
アヤソフィア

絵や彫刻等の偶像崇拝が一切ないイスラム教会において、天井の隅にキリストの絵が書かれている。しかもその両横にある丸い板にはイスラムの神の名が。内部は2つの宗教の融合が見られます。
アヤソフィア内部


さて、イスタンブールからアンカラエキスプレスで夜を走り続け約10時間半、アンカラは一面の雪景色です。トルコの国旗は独立戦争で流した赤い血と、イスラム教のなくなった人たちは天空に召されるということから月と星がデザインされているというガイドさんの説明。一部の人はEU入りをすべきと考えていてもいろんなところで独立の象徴である国旗がぶら下がっている現実からは、EU入りは20年先になる、という話が現実味を帯びてきます。
アンカラ駅

 カッパドキアももちろん雪化粧。標高1000mを超えるアナトリア高原中央部に位置するカッパドキアは、現在は死火山となっている3つの火山に囲まれた火山灰でできた台地。火山灰が積み重なって凝灰岩となり、長年の風雨で柔らかい凝灰岩が削られ奇岩群が林立しています。
カッパドキアの洞窟ハウス群

上部写真の左にあるピラミッド形奇岩を拡大したのが左下。そこここに穴があり扉まであります。これが洞窟ハウスで、今も使われている洞窟住居や昔の洞窟教会、貯蔵庫、調理室等の穴がいろんなところにあります。洞窟ハウス


地元のハサンさんの洞窟住居にお邪魔しました。内部は約25畳ほどのリビングと8畳ほどのキッチン、ベランダと寝室。さすがにトイレは外。チャイと呼ばれるトルコ紅茶をよばれ、家の住み心地や現地の生活の話を聞きました。ちなみにリビングを掘るのに約1年間費やしたとのこと、でも奥様手縫いのトルコ絨毯が敷き詰めてありなかなか魅力的な住居でした。

洞窟住居から外へ続く階段       奥様手縫いの絨毯とチャイ
ハサンさん宅 チャイ


さて奇岩第2弾はギョレメ地区のキノコ岩とその大群
キノコ岩 奇岩群

少しバスで走ると今度はセルベ谷のラクダ岩、その前には寒いなか頑張っている本物のラクダ君、一乗り5分程度、歩く距離は適当、せいぜい20m程度かな、3トルコリラ(約200円)
ラクダ岩 ラクダ岩の前で頑張るラクダ君


その次は絨毯工場の見学です。カッパドキアは火山灰の岩石地帯。農業ができないので産業は織物へ。女性は織物ができないと嫁にもいけないので絨毯屋さんへ織物修行にいき、約1年でそれなりの絨毯が織れるようになります。その後自宅で絨毯織に励み、絨毯屋さんはその村の周辺の娘さん達が織った絨毯を仲介して売っている、という仕組みで成り立っています。
絨毯を織る娘さん       上質絨毯の元になる繭から絹糸を紡ぐ工程
絨毯工場訪問 絹糸作りの工程

さて最後は魅惑の絨毯購入へのお誘い工程。どういう絨毯が高級絨毯かという説明の後、約10人がかりで広い床にパァーッ、パァーッと次々に絨毯を広げ、あっという間に床中絨毯の花。質問をしたり、少しでも見入っている様子を見せれば電卓持って日本語ペラペラ、ガガガガガーと魅惑の誘い!さて追い詰められた羊たちはいかにー・・・??買う予定のなかった羊たちを次々と仕留めるトルコ商人の心意気ここにありーっと!でもさすがにいい絨毯たくさん置いてるよ。
よりどりみどり 思わず手が出る魅惑の囁き


翌日は地下都市カイマクルを見学したり、洞窟レストランでトルコ名物のつぼ焼きを食べたりしてカッパドキアを満喫したあとアンカラまで戻りホテルで一泊。

 その翌日は8時発、バスにて一路イスタンブールへ。バスに乗っている間ひっきりなしに携帯メール着信。自分が遊んでいる間月末まで働いている日本や欧州各国の仲間達からの業務メール。月末ということもあり大変申し訳なく思いつつ返信できるものは返信したりしているうちにイスタンブール着、14時半。今度は新市街中心部のホテルにチェックイン。


その後またすぐガイドさんお奨めの皮製品のアウトレット訪問。子羊皮のとっても柔らかい上質のコートやジャケットが多くそそられる。製造卸でアルマーニやグッチにも卸しているらしい。後はトルコ石とか・・・香辛料とか・・・伸び伸びのトルコアイスとか・・・油断大敵火がポッポ。
皮製品アウトレット トルコ石


旧市街の歴史的商店街グランバザールやエジプシャンバザールと新市街の近代ビルショッピングモール、呼び込みで活気あふれる旧市街バザールと静かな新市街モール、地場の店とブランド店、イスラム文化がプンプン匂うバザールとイスラム国にはクリスマスがないはずなのに大きなツリーを飾るモール、イスタンブールは川をはさんで2つの顔が存在する街。

エジプシャンバザール          新市街のショッピングモール
エジプシャンバザール モ-ルのツリー

最後になったけど旅行中に見かけた動物達だよ。イスタンブールには野良犬、野良猫が結構いたけど獣医が予防接種をしているので触ってもいいらしい。しかしこれはイスタンブールだけで、カッパドキアはタッチ禁止令がでた。

トプカプ宮殿のノラ              イスタンブールの路上ノラ
イスタンブールの猫2 イスタンブールの猫

カッパドキアの犬、毛並みがきれいだけどノラ?  悲しげノラ
カッパドキアの犬1 カッパドキアの犬2’

足まで羽根突きの鳩           市内観光馬車の白馬君
足にまで羽が生えているカッパドキアの鳩 馬車

久々に中東の風に触れて楽しんだけどアルフは大丈夫かな?1月1日は引取れないし、2日からは仕事。まぁ2日帰ってきたら皆で存分に遊んでやることにしよう。
テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行
2ヶ月ぶりにブログ再開
2008年10月14日 (火) | 編集 |
いまさら8月ではないのですが、2ヶ月もお休みしたのでちょっと振り返り・・・

8月は娘のマメゴロウがロンドンにきてにぎやかに。

遅咲きのうちの紫陽花もやっと花がつきました。
うちの紫陽花


 この夏は、アルフを預けてCuba旅行。 

この間アルフはといえば、プロの犬を預かってくれる個人宅に連れて行きました。これからしばらく見たことも無い数匹の中・大型犬とリビングルームで一緒に暮らさねばなりません。

まだ7ヶ月のアルフにはちょっとかわいそうだけどこれも試練。散歩中には、大型犬にでも怖いもの知らずでつっかかっていこうとするアルフだけど、きっとここで社会勉強することでしょう。頑張れアルフ!

CIMG6576_convert_20081018221619.jpg    CIMG6576_convert_20081018221619.jpg    CIMG6576_convert_20081018221619.jpg   CIMG6576_convert_20081018221619.jpg



 砂時計より細かい砂で覆われた白い浜辺は延々と海の中まで拡がり、その遠浅の海の中はゆらゆら揺らぐ太陽の光と相まって、見事な水色のカリブの海を創りあげています。
コバルトブルーの海も良かったし、エメラルドグリーンの海もロマンチックだけれど、こんなに明るくおだやかでどこまでも水色の海は優しい気持ちになれるような感じです。

カリブ

ホテルのプールもでっかいし、
hotel pool

 初心者でも乗ったら野山を自在に動いてくれる馬たちもいて  
乗馬

熱帯のいろんな花も一杯
Cuba Cuba

Cuba Cuba


 テニス、  スキューバダイビング、 ロブスターとここは誰にもお奨めのリゾート地です。

 アルフのその後はまた次回。 
テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。